【今更ですけど】そもそもアメブロって集客に向いているんですか?

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

数字でシンプルに考えるインターネット集客ケーツースタイルの本田です。

先日、クライアントさんにこんなことを聞かれました。


「あの~今更なんですが、アメブロってそもそも集客に向いてるんですかね?」
ちょっとビックリしましたけど(笑)

「今、●●さんの目的は△△ですよね?であれば向いていると言えます。質問の回答をするなら、”目的次第”とういことになりますね。」

まだ、このクライアントさんはアメブロで集客を始めたばかりなのですが、不安があるのはよく分かります。特に、インターネットで何らかの成果がないという人にとっては、尚更不安があると思います。

もちろんクライアントさんには、もう少し細かい説明をさせてもらって、今は納得して張り切ってアメブロを日々更新しています。

というわけで、今回は「アメブロのユーザー属性」というお話をさせていただきます。

アメブロには、人がたくさんいる

「アメブロやってる人多いから、アクセスも集まりやすいよな~」
そんなに簡単に言わないでください。でも、おっしゃる通りです(笑)

まず、人が多いということは間違いありません。

人が多いところで集客をする。これは基本中の基本ですよね。

でも、ただ人が多いからと言って何でも売れるというわけではなくて、しっかりと目的を明確にしてから始めましょう。

目的次第では、アメブロは向いていないかもしれません。
じゃあどうやって、それを見極めるのか?見ておきたいのが「公式ジャンル」です。
ここを見れば、どれくらいのジャンルにどれくらいの人がいるかが分かります。人数も出してくれていますからね。

そうすると、そのジャンルにどれだけの人が集まっているとか、どういうジャンルが人気なのかもわかるでしょう。

ちなみに、ユーザー層は以下のようになっています。

※サーバーエージェントさんの公開資料を基に作成しています。

あなたのジャンルはいかがですか?

さて、公式ジャンルは見ましたか?
いかがでした?あなたの見込み客が居そうなジャンルってありましたかね?

もしあれば、それはそれで「ニーズがある」と判断していいと思います。※もっと深堀りすることもできますが、まずはこれで十分です。

あなたの見込み客がいなそうなジャンルがなかったとしても、目的次第では十分アメブロを使って集客をする価値はあります。

でも、必ずあるはずなんですよね^^;というのは、「公式ジャンル⇒日記」を見てもらうと、「主婦」とか「パート・アルバイト」とかここを見てらえば全くないということはないと思うんです。

市場のユーザー層などが大事とか色々言われてるけど

確かに市場を知ることや、ユーザー層を知ることはビジネスをする上で非常に重要です。

でも、結局のところ「勘」や「経験」だけでは判断ができないということなんですよ。

だからこそ、数字で考え、かつ仮説検証の繰り返し。これが本当にすべてなんですよね。

ですので、恐れずにどんどん失敗してください!失敗して学ぶことは本当に多いです。

ある程度のジャンルの絞り込みや、参入する前の市場調査。本当に重要なんですが、やり過ぎないでくださいね。

まずはやってみることです。今日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

関連記事

  1. 【もしかして決めてない!?】アメブロで使っているメインの色

  2. 【集客効果は!?】WordPressとアメブロどっちがいいの?

  3. 【今すぐやるべき!】アメブロ集客を成功させるためのコツ

  4. 【意外と簡単!】アメブロのフォロワーの増やし方4つの基本

  5. アメブロとツイッターを連動させて着実にアクセスアップする方法

  6. アクセスのアクセスが集まらない

    【コレで解消!】アメブロのアクセスが集まらないとお悩みのあなたへ